新型コロナウイルスの影響により、営業時間等の記載が異なる場合がございます。詳しくは各店HP等をチェックくださいませ!
【埼玉・川越】『Boulanger Lunettes(ブーランジェ リュネット)』〜「はなまんてん」で満点のパン達!編〜

【埼玉・川越】『Boulanger Lunettes(ブーランジェ リュネット)』〜「はなまんてん」で満点のパン達!編〜

2020年1月27日
パン
スポンサーリンク

『Boulanger Lunettes(ブーランジェ リュネット)』

“「はなまんてん」の美味しいぱんたち”

埼玉県川越市に2008年にオープンした『Boulanger Lunettes(ブーランジェ リュネット)』。2002年に埼玉県東松山市に開業したお店を、移転させてきたそうです。北海道産と埼玉県産小麦粉「はなまんてん」を使用したハード系のパンを中心に提供するベーカリー。自家製酵母やイースト菌などパンに合った製法で作り上げるパンは、どれも小麦の風味が豊かで、もちもちとした食感が特徴です。

 

“「はなまんてん」とは”

「はなまんてん」は長野県で開発された超強力小麦粉のことです。埼玉県幸手市の製粉会社『前田食品』の入江社長がその一部を埼玉県で栽培し始めたことから、現在では埼玉県でもポピュラーな小麦粉となりました。もちもちコシの強い食感や豊かな小麦の香りが特徴で、パンや麺作りに向いているそうです。特にオーブンで焼いた際、クラスト(パンの表面)が独特の風味を生み出すので、ハード系のパンには持ってこいなんだとか。『リュネット』では、化学肥料を極力使用せず栽培した、安心安全な『原農場』の「はなまんてん」を使用しています。

「コムギケーション倶楽部」より参照

上記したように「はなまんてん」はパン作りに適した小麦粉であると同時に、水分の吸収率があまり良くないという弱点もあります。つまり、美味しいパンにするには、コツがいる小麦粉であるということです。『リュネット』のオーナー若松大輔さんは、小麦と水を合わせる時間を長くすることなど発酵に工夫を加えることで、その弱点を解消したそうです。

“店内&ベーカリーラインナップ”

業者に頼むのではなく、ご自分たちで造られたという内装。珪藻土を塗ることから始めたというから驚きです!

雑貨も置いてあり、温かみのある店内。

“リュスティック”と“コッペパン”は8種類の中からフィリングを選び、サンド可能。勿論サンドなしもOK!

“ベーカリー”

“はなまんてん100田舎パン 400円(税別)” ※量り売り 1.8/g

はなまんてんと全粒粉を使用したカンパーニュは、程よい酸味と小麦独特の香り。生食はむっちりしっとり、焼けばもっちりサクサクと香ばしさを増します。どんな食事にも合うような素朴な味わいです。

“クロワッサン 180円(税別)”

クラスト(パンの表面)はカリサクッ。

とても美しい巻きのクロワッサン。発酵バター使用で、中はしっとりとバターっぽさがありますが、しつこさはなく軽い口当たりです。ベーカリーの美味しい匂いが全部詰まったようなクロワッサンです。

“リュネット 400円(税別)”

今回イチオシなのはこのパン!店名にしているパンですね!

レーズンにくるみ、アーモンドが入ったライ麦のパンです。このたっぷりのレーズン!パンを食べているというよりも、ドライフルーツを食べているのかと錯覚するレベルの配合です。サワードウの酸味の中に、レーズンの渋みや甘味、ナッツの香ばしさが絶妙なバランス。優しい食感のカシューナッツではなく、ハードで香ばしさのあるアーモンドを使用している点が、こういう系統のパンにしては珍しいなと思いました。とても贅沢なパン!

“コッペパン(クリームチーズあんこ) 220円(税別) ※フィリングサンド済”

私は“コッペパン”に“クリームチーズあんこ”を挟んで頂きました。チーズの酸味やまろやかさと、こし餡の甘味が合いますね〜!嫌味な感じがなく、寧ろコクが出るように思いました。またコッペパン自体は、はなまんてんを使用している為、しっかりもっちり、ハード寄りの食べ応えのあるパンです。シンプルな分、はなまんてん特有の香ばしさも感じられました。

“はなまんてん100山型食パン 280円(税別)”

はなまんてん小麦を100%使用している食パンは、もちもち!焼けば耳はサクサクに。乳製品が多めの配合なのでしょうか、香りもミルクっぽい印象です。かなり素朴で、優しい味わいです。

“厚切りベーコンと手作りタルタルソースのBLTサンド 375円(税別)”

フォカッチャで挟んだ分厚いベーコンの脂身と、ピクルス入りタルタルサンドの程よい酸味が良いバランスです。シンプルだからこそ、素材の旨味が十分に感じられます。非常にボリューミーなので、ランチにうってつけです。

 “明太子バターフランス 200円(税別)”

はなまんてんを使用した低温長時間発酵のフランスパンは、中もちっ、外カリッ!

明太子と四つ葉バターを惜しみなく挟んだ惣菜パン。少々オイリーですが、それがまた食欲をそそります。

 “スイートポテトのタルト 280円(税別)”

大学芋をケーキにしたようなタルト。バターたっぷりのさっくりタルトに、アーモンドクリーム、そして皮までペーストにしたねっとり濃厚さつまいも。とても満足感があり、パティスリーのように美味しいケーキです!

“「川越パンマルシェ」と「はなまんてん」”

川越市では毎年5月に「川越パンマルシェ」という県内のベーカリーが集結するパンの催事が行われています。2018年には12,000人以上を動員したという人気のイベントです。また2018年9月から、この「川越パンマルシェ」に参加した店舗の中より10店舗が「川越パン連」を組み、はなまんてんを使用したパンを販売する「埼玉県産 ハナマンテン収穫祭」を行いました。「地元にもこんなに美味しい小麦があることを知ってほしい」という願いから始まった催事です

実は『リュネット』の他、先日お邪魔しました『川越ベーカリー楽々』も加盟店の1つ。現在「川越パン連」は、昨年(2019年)10月に発生した台風19号により被災を受けた小麦農園(原農場など)の復興の為、各店舗募金箱の設置をしているそうです。私も川越の町並みや食べ物が大好きなので、積極的に応援できたらと考えています。

「川越パン連」⇒『ブーランジェ リュネット』『パンのかほり』『handmade nicori』『ベーカリークレープ』『BREADMAN』『善太郎』『BAKELIKE0044』『WACCI』『ナンツカベーカリー』『川越ベーカリー楽楽』

★★★☆☆ 総合評価:3.7

シンプルで素朴、小麦や素材の美味しさを生かしたパンが頂けました。「味の調律師でもいるのかな?」と思うぐらい、素材や味覚の足し引きが上手なベーカリーという印象です。ハードパンは勿論のこと、惣菜系も非常に美味しく、“スイートポテトのタルト”に関しては「ケーキ屋さんより美味しい!」と感じました。機会があれば是非またお邪魔します!

『Boulanger Lunettes(ブーランジェ リュネット)』

営業日:火曜〜日曜日(定休日:月曜日/その他不定休あり)

営業時間:9時〜18時

住所:埼玉県川越市砂新田2-8-11

TEL: 049-292-9653

駐車場:なし

2020年1月27日 心を込めて雅

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。