新型コロナウイルスの影響により、営業時間等の記載が異なる場合がございます。詳しくは各店HP等をチェックくださいませ!
【さいたま新都心】『パンタスティック!!2019AUTUMN』〜お連れ様がパンタの虜に…??!!〜

【さいたま新都心】『パンタスティック!!2019AUTUMN』〜お連れ様がパンタの虜に…??!!〜

2019年10月3日
パン
スポンサーリンク

皆様こんにちは、雅です。

突然ですが、夏も終盤のこの季節に1つ、怪談話をさせて下さい。あれは9月29日、増税も差し迫った夜のこと。いつもより、にこにこ顔で会社から帰宅してきたお連れ様が「これお土産〜!」とビニール袋を私に渡してきました。

こう言ってはなんですが、お連れ様が美味しいお土産を買ってきてくれることは、そう珍しいことでもないので「(またアイスでも買ってきたかな)ありがと〜」と受け取り中を覗いた瞬間、体が硬直しました……なに?

この色んなパンタチハ…??

袋の中には、9月29日に最終日を迎えた、あの催事のパンが入っていたのです…。このブログを拝読して下さっている方々は、もうおわかりですね?そう、それは…さいたま新都心のコクーンシティで開催していた『パンタスティック!!2019AUTUMN』のパンたちがぁぁああ!!(ぎゃぁぁぁああああああ!!!!)

こないだ2回目のパンタの記事を投稿し「素敵なベーカリーに会えるチャンスだから、29日の最終日、皆様も良かったら行ってみてくださいね〜!」ってパンタ章はスッキリENDしたんだよぉおお??!!貴殿が行ってどーすんじゃ?!!!っつかなに??!パンタにハマっちゃったの???!!!

…と、まぁそんなこんなで、なんと『パンタスティック!!2019AUTUMN』の3回目の記事を投稿させて頂く運びとなりました。「またかよ!」とお思いになるかと存じますが、、すみません、もう一度だけお付き合い下されば幸いです。宜しくお願い致します…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

TOY JAM』

「生活に新しい価値観を」は、『TOY JAM』を手掛ける“you-ichi ブランド”のコンセプトです。カラフルなジャムは、”you-ichi ブランド”のオーナー、サガワユーイチさんの遊び心の形。まさに食という日常から生まれた芸術品とも言えるでしょう。

2011年のブランド創設以来、固定の店舗を持つことなく、催事や一部店舗にて商品を取扱する形での活動でしたが、2018年広島県中区十日市町の路地裏に『you-ichi GLUE』として固定店舗をオープンさせることで、また新たな一面を生み出し始めました。

定番のジャムをはじめ、焼き菓子やボトルに入ったケーキなど、美しく斬新なスイーツから、季節の美味しさを教えてくれる、そんなショップ。テラス席もあるそうで、そこでは一見変わったドリンクの提供もあるとか。私も一度は伺ってみたいものです!

さて、今回は定番の『TOY JAM』の”セパレートジャム”の中から、偶然にも人気NO.1フレーバーの”ピスタチオ/ラズベリー”をチョイスしてきてくれたお連れ様!赤と緑の2層になったジャムは、目にも鮮やかで、ファッショナブルな印象です。

ピスタチオ/ラズベリー 1350円(税込)

まずはひとくち。

上の木苺は粒のざらっとした舌触りと、さっぱりと適度な甘酸っぱさ。でも見た目程、味のインパクトはないですね。

逆に下のピスタチオは粒感のないクリーミーな舌触りと、深いコク。ピスタチオ特有の刺激的で、リッチなナッツの香りがインパクト大です。

2つ混ぜ合わせると、どうしてもピスタチオが目立ってしまいがちなので、私は別々で戴く方が好みかもと思いましたが、2層に分かれているので、その日の気分で食べ方も変化出来るのが魅力的ですね。

^^^^^^^^^^^^^

★★★☆☆総合評価:3.5

季節によっても味の変化があるというジャム。クリエイティブなオーナーの、気まぐれで奇抜で、予想外の発想は、まさに”TOY JAM”の名にふさわしいですね。また2018年に生まれた、ミニサイズの「to:jam」は美しいビジュアルは勿論のこと、メッセージ入りの蓋を使用するというデザイン性も高く、ギフトにピッタリの品になっていますので、そちらも要チェックですね!

味としては、想像を超えませんでしたが、ワクワクするアーティスティックな品として、楽しませて頂きました。

^^^^^^^^^^^^^^

nino scone』

埼玉県志木市にお店を構えるスコーン専門店の『nino scone』は、地元のオシャレマダムたちに愛される人気店。催事やイベント販売などを通して味が評価され、2017年に店舗オープンに至ったそうですが、あまりの人気ぶりに開店2時間で完売してしまったこともあるそうですよ〜実力派ですね!

さて、今回のお連れ様チョイスは“プレーン(全粒粉)”というオーソドックスな一品!(変わった味のチョイスをしたがるのに、今回は結構私の的を得ていて驚きです…何か悪いものでも食ったか…?)

プレーン(全粒粉) 180円(税込)

『nino scone』は、国産の小麦をベースに、“ココナッツオイル”を使用しているというのがポイントです。”プレーン(全粒粉)”に関しては、その他に全粒粉やてんさい糖、豆乳などで構成されています。

ココナッツオイルは、味というよりも甘ったるい独特な香りが特徴的ですよね。脂質感の少ないあっさりとした風味ですが、一応オイルなので、バターやマーガリンの代用品として使用する人もいるそうですよ〜。数分リベイクして、では早速…。

想像通り、ココナッツの風味がすごい!てんさい糖もさっぱりとした甘みの砂糖なので、ココナッツがより際立っています。豆乳も淡白な感じですから、全体的に甘さ控えめのお味です。

生地はさっくりとした表面に、中はしっとり…と言いたいところですが、全粒粉を使用しているというのもあってか、中は結構水分持っていかれる系のやつですね。日本人好みのと言うよりは、本場のスコーンに近いのかもしれません。でもほろっと崩れる感じは個人的に好みなので表面◎!

^^^^^^^^^^^

★★★☆☆ 総合評価:3.0

(ベースは同じだと思いますが)使用する原料や季節限定の物など、他の素材とココナッツの組み合わせがどのような味を生み出すのか、正直あまり想像が出来ず、総評を出すのはかなり難しいですね…。ココナッツは好みがあるので、一定の層をターゲットにしているのかなと思います。

私も好きな方なので、そのターゲット層に当てはまるのですが「またすぐに食べたい!」とは思いません。恐らくですが、お菓子の”ハーベスト”のように、ふと思い出した時に食べたくなって、何度か繰り返し食べていると癖になっていくような…中毒性のある感じなのかもしれませんね。

そういう食べ物が、この世で最も恐ろしいですよ…。

^^^^^^^^^^^^

『おへそ cafe&bakery』

『パンタスティック!!2019AUTUMN』の2回目の記事で「群を抜いたこだわりのあるお店」としてご紹介させて頂いた『おへそ cafe&bakery』がここで再び登場です!

詳しくは上記のリンクから前回の記事を読んで頂けると幸いなのですが、簡単にご紹介させて頂くと『おへそ』は広島県の世羅町に本拠地を構え、催事や道の駅などでの販売の他に、カフェやベーカリーを経営、さらにオンラインでも販売を行うマルチ活動型ベーカリー!そして販売するパンへのこだわりも半端じゃない!(笑)

自家製の無農薬玄米と水、そして塩のみで24時間じっくり自然発酵させる原始的な方法で、伝統的な本物のパンを製造及び提供して下さる、超スーパーウルトラこだわりの強い亭主のいらっしゃるお店です!

お連れ様は“有機いよかん&クリームチーズ”のチョイス。

有機いよかん&クリームチーズ 380円(税込)

雅「なんでこのパンにしたの?(また難しいとこ選んできたわね…)」

お連れ様「雅がいよかんが好きって前に言ってた(らしい)から」

…という理由で、こちらを選んで買ってきたというお連れ様。いやそれはその時食べてた、いよかんのアイスがたまたま超美味しかったから、多分好きって言っただけなんだけど…

とちょっと安直でお馬鹿さんっぽいところも憎めないのですが…君は優しい子やな!ほんとにありがと!あたしゃこれを、有難く戴くよ!

まずベースのカンパーニュは、全粒粉とライ麦が入っている為、香りが豊かです。ハードパン特有の歯応えだけではなく、ふっくらとした歯触りや旨味があって、繊細で丁寧な作業が伝わってきます。

実は私、ドイツパンがそこまで得意ではないのです…。このパンはライ麦入っているから酸味があるかな〜と構えていたのですが、クリームチーズやいよかんの風味もあってか、あまり気になりませんでした。

リベイクしたので、中のチーズがほんのり柔らかくなり、よりクリーミーです。愛媛県産のいよかんピールは、酸味は程良いですが少々苦めで、パンチがあります。スパークリングワインとかに合いそうな感じ!チーズのコクといよかんのナチュラルな風味、全体的にかなり大人のテイストです。

^^^^^^^^^^^

★★★☆☆ 総合評価:3.7

パンが美味い!クリームチーズとドライフルーツの組み合わせの良さは、お墨付きですね。正直好き嫌いは分かれるだろうなと思いますが、好きな人は絶対ハマると思います。素材も味も自然派で、安心して食べられるのも、ポイント高し!いやーそれにしてもパンが美味いな…。

co-mame bakery』

またもや『パンタスティック!!2019AUTUMN』2回目の記事に登場したベーカリーが再登場です。こちらもお店を簡単にご説明させて頂きます(詳しくは上記リンクから)。

『co-mame bakery』は国産の小麦と、野菜や肉など地元の食材を主に製造されたパンを提供してくださるベーカリー。店舗では、常時80種類前後のパンを取り揃えているそうです。埼玉県新座市が本拠地ですが、催事や出張販売などマルチに活動されています。

前回戴いた、素朴な”コロッケパン”を私が大層気に入り、また人気NO.1の”嬉嬉豚のカレーパン”を買えずに悔しがっていたことを覚えていたお連れ様。

「これも買ってきたよ〜」と“嬉嬉豚のカレーパン”の入った袋を掲げ、褒めてくれと言わんばかりのニヤつき顔…ん?でも袋に2つパン入って…あ!これは!!あの時迷って買うのやめた“油淋鶏サンド”!!きゃあああ!!よくやった!!!

こちらが人気No.1商品の”嬉嬉豚のカレーパン”です。

パンのお腹の中には、トマトや玉ねぎなど数種類の野菜が煮込まれたスパイシーな風味のカレーと、ブロック状の嬉嬉豚が!群馬県産の嬉嬉豚は、塩麹と金山寺味噌(大豆や米、麦、野菜などで作られた副食用の味噌のこと)に1日漬け込んでからローストしているそうです。

塩麹と味噌に漬けることで、嬉嬉豚はコク深く柔らか。味は角煮のような濃ゆいイメージでいたのですが、寧ろ鶏肉のようにあっさりで、揚げた衣とのバランスが取れている印象です。時間が経っていても、パンはもっちりで油のギトギト感が少なかったのが◎!これは是非、揚げたてが食べてみたいです!

お次は“油淋鶏サンド”!私、唐揚げや竜田揚げが大好きなので、目の前に広がる光景で口の中はよだれの洪水状態です。ガブッといっちゃいます!

ほわぁ〜うっま!胡麻油がほのかに香る、醤油と酢のあっさりとした味付けは、油淋鶏というよりも竜田揚げのような和テイスト。そこにシャキシャキレタスとマヨネーズの組み合わせ。

お店に問い合わせたところ、油淋鶏を挟んでいるパンは”北海道産小麦の直焼きミルクパン”だそうです。生クリームとバターが使われているので、甘みがほんのりあります。ふっくら柔らかなので、油淋鶏のカリッとした食感と相性が良いです。これ好き!

^^^^^^^^^^^

★★★★☆ 総合評価:3.7

素朴好きな私に、こちらのお店はなにか刺さるものがあります。こだわりはあれど、それを主張しすぎない謙虚さを感じるというか、亭主さんにお会いしたことはありませんが、親しみやすくて優しい方が作っているのだろうな〜という人柄が、味で想像できるといいますか。商品に温かみがあります。

またボリューミーなのにお値段も比較的安価で、凄いコストパフォーマンス!私ももう立派な『co-mame bakery』のファンです!近々お店にも伺う予定です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3回もパンタの記事を投稿することになるとは、正直思いもしませんでした…。まぁなんやかんや言いましたが、新たなベーカリーとの出会いや、以前食べたかった物を満を持して食べられたりと、結果パンタを堪能させて頂きました。

これを機に、今後は催事やイベントのチェックもちょこちょこしていこうかなと思います。拝読にお付き合い下さいました皆様、誠にありがとうございました!次の記事も進行中ですので、ご期待下さいませ!

2019年10月3日 心を込めて雅

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。